首イボには薬が効果的!選び方、入手方法は?

イボ取りならイボころり?

イボをとる薬といえば有名なのは「イボコロリ」です。イボがコロリととれる…というネーミング、なんともかわいらしくユニークなだけでなく、インパクトも大!イボがある人もない人も知っている人が多い有名薬ですよね?しかし、イボに効く薬はイボコロリだけではないのです。タイプとしては軟膏タイプ、クリームタイプ、液体タイプ、パッチタイプなどいろいろありますが、イボの種類や大きさ、数に合わせて正しく選び、正しく使うことでおもしろいくらいポロッと、コロッととれるので、ぜひいちどつかってみるとよいでしょう。

正しく選ぶのが大事?

正しく選ぶのが大事といいましたが、たとえば首イボだったり数の多いイボにパッチタイプをつかってしまうと、余計目立ってしまったりコストがかかってしまいます。その場合は軟膏やクリームなどがおすすめです。とくに首は乾燥しやすかったり、人目につきやすい部分ですから首イボを治すために選びたい薬はよく伸びてしっかり密着すること、白くなりすぎたりせず目立ちにくいといったことなどが重要です。お値段も比較的手頃なので首イボで悩んでいる人はぜひドラッグストアで薬をチェックしてみましょう。ちなみにどのドラッグストアでも皮膚薬のコーナーに何種類か必ずあります。

 

 

市販の薬で首イボを治すならまずはイボの種類チェック!

首イボをとる市販薬はドラッグストアで購入することができます。種類も価格もさまざまなので、どれがいいのか、どれが本当にじぶんの首イボに効くのかよくわからなくなってしまい、とりあえず有名なものや安いものを選んでしまう人も多かったりします。でもじつは首イボには種類があり、その種類に合ったものを選ばないと、どんなに効果の高い市販薬でもまったく意味がなくなってしまうので要注意です。

首イボの種類とは?

わかりやすくざっくり説明すると、、まずイボには「ウイルス性」と「老人性」の2種類におおきく分けられます。もちろんおおきく分けたなかでも種類はいくつかあるのですが、市販薬で治す場合はこの種類どちらかをちゃんと把握理解すればじゅうぶんです。

ウイルス性イボとは?

ウイルス性とはウイルスによって皮膚が盛りあがり、そしてイボのなかのウイルスが増えることでおおきくなったり数が増えるイボです。

老人性イボとは?

老人性は肌細胞の老化が原因でできるイボで、別名を「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」というように皮膚の角化によってできるのでカサカサしていたり、色がくすんで濃いという特徴があります。例えば有名な市販薬「イボコロリ」はウイルス性には効果がなく、老人性に有効という特徴があります。このように市販薬によって対象となるイボが異なるため、首イボがウイルス性か老人性かを正しく見定めましょう。

 

セルフケアは危険!首イボを除去するならまずは皮膚科へ

皮膚科で首イボをとってもらおうと思った時、気になることはなんでしょう?やはり「とるときに痛みはないの?」「とれないこともあるの?」「方法は?」「費用は?」などが多いことと思います。

近頃は皮膚科も進歩したから安心してOK

皮膚科ではさまざまな治療方法を用意して、どんな首イボにも対応できるよう日々努力しています。なるべく痛みがないよう、そして治療の時間や回数が少なく済むよう配慮をしていますので必要以上に不安になる必要はありません。

首イボを取る方法は3種類

方法は液体窒素で低温やけど状態にし首イボを壊死状態にすることで除去する方法、レーザーを照射して高温でがんこな首イボを焼き切る方法、局所麻酔を施したうえで専用のハサミやメス(一般的に手術に用いられるメスまたは高周波メス)で切除する方法、この3つが代表的な治療です。費用は治療法や首イボの大きさ、数によってかなり異なりますが、一例を挙げると液体窒素で小さすぎず大きすぎないイボがたったひとつだけ除去するという場合であれば4,000円~が目安です(※皮膚科で治療を受け保険適用の場合)。

自己判断は厳禁!

首イボに限らずどんな症状でもいえることですが、自己判断による誤ったセルフケアは悪化させたり合併症を引き起こす可能性があります。どんな小さな首イボでも、まずは専門医を受診し適切な治療を受けましょう。

 

首イボを液体窒素でとる場合にかかる治療回数は?

首イボの治療で比較的除去効果が高く、苦痛やトラブルも少ないことで人気なのは液体窒素をつかった方法です。以前は首イボ治療といえばレーザーが主流でしたが、いわゆる高温で「焼き切る」手法とは違い、冷却した窒素からなるマイナス196度と超低温の液体で低温やけどの状態にすることで、複雑な首イボをしっかりと除去することができ、しかも傷や跡が残りにくいというメリットが医師にも患者にも人気なのが選ばれている理由です。

 

液体窒素療法で必要な通院日数は?

どんな首イボでも一回でとれるかというと、決してそうではなく首イボの種類によっては不向きな場合もあるので要注意です。医師に相談ししっかりとした検査、診察をうけてから治療法を選ぶようにしましょう。

液体窒素療法で治せるイボは1mm〜3mmまで!

ちなみに液体窒素が治療に適した首イボと診察された場合、1mm~3mm程度の小さい首イボであれば1回の数分の治療で完全に除去することが可能であることがほとんどです。それ以上大きい場合、また数がたくさんの場合はとうぜん時間も治療回数もかかります。治療時間も治療回数も大きさが倍であれば単純に倍、個数が10個なら×10というわけではありません。一見同じように見えるイボもとりやすいもの、とりにくいものがあるので場合によってはどちらも当初の予定以上にかかってしまうこともあります。費用、期間は余裕をもっておくのをぜひおすすめします

 

首イボの除去にかかる費用は?安すぎるのは大丈夫?

首イボをすぐに、確実に、徹底的に除去する方法といえばやはり病院での治療です。首イボの治療を専門とする病院は皮膚科、美容外科、美容整形クリニックなどがあります。どこを選べばよいのか迷ってしまうかもしれませんが、まずは近所の皮膚科で診てもらい、セカンドオピニオン的に評判のよい医院やクリニックで診てもらい、診察が丁寧で説明がわかりやすく、除去をするにあたってのメリットとデメリット、そして費用についての詳しい説明があるところを選ぶのがいちばんです。

イボ除去にかかる費用?

もちろんわからないことや納得のいかないことはそのままにせず、しっかりとたずね納得のいく説明を求める姿勢も大事です。そして、やはり気になるなのはやはり首イボの除去にかかる費用ですが、実際はイボの種類によって除去方法も違ってきますから一概にいくらほどとはいえません。

金額の安い高いは関係無い?

金額の安い高いより、人それぞれ違う首イボに適した除去方法を選んでくれるかだったり、治療経験が豊富で信頼ができるかどうかだったり、ケアをしっかりとしてくれるかどうかの方が重要なので、あまりにも安すぎたり説明もそこそこに除去したがる医師には注意したいものです。首イボの除去に関してはまれにトラブルや訴訟沙汰もあるので、病院や医師は焦らず慎重に選びましょう。

 

今回参考にしたサイト:【おどろいた】首いぼを治す5つの方法を徹底解説!驚きの結果とは

 

 

 

コメントは受け付けていません。